狩猟免許取得の記録

狩猟免許
近年、農作物を食い荒らす害獣の被害が多発しています。それに伴って、害獣を捕獲するハンターの数も年々減っているといいます。ここでは、そんな害獣を捕獲するためのハンターになるには?という初歩的な内容から、ハンターの免許取得するまでの手順などについてご紹介いたします。

狩猟免許について

狩猟免許とは

狩猟免許とは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)に基づいて、鳥獣の狩猟や捕獲などを許可する免許制度をいいます。
確かに、こうした法律で規制をしておかないと、むやみやたらに鳥獣を捕獲するような密漁者がはびこってしまう恐れがあります。さらには、鳥獣が絶滅に瀕するのを防止する必要性もあります。

狩猟免許の種類

狩猟免許をさらに細かく分類すると、網猟免許・わな猟・第一種銃猟免許・第二種銃猟免許といった4つの種類に分類されます。ちなみに第一種銃猟免許とは、ライフル銃や散弾銃を使って狩猟を行う免許になります。一方、第二種銃猟免許とは、空気銃や圧縮ガス銃を使って狩猟を行う免許になります。
その他にも、狩猟免許が要らない素手での捕獲もあります。また、狩猟免許を取得したからといって、その翌日には自由に狩猟ができるというワケではありません。例えばその後、狩猟者登録を行ったり銃の所持許可なども必要になってきます。

狩猟免許取得の流れ

申請時に必要な書類や手数料

狩猟免許を取得するには、各都道府県にある申請先に必要書類を提出したり手数料を納める必要があります。こうした申請先は、各都道府県によって決められており詳細な内容については、環境省のホームページで確認することができます。
また、狩猟免許を取得するための試験も各都道府県で毎年複数回実施されています。具体的な試験日や提出書類などについては、各都道府県ごとに設置された申請先を環境省のホームページで調べた上で、各申請先に直接問い合わせる必要があります。

受験資格

狩猟免許試験を受けるためには、年齢制限などもあります。
例えば、網・わな免許であれば18歳以上、あるいは第一種・第二種銃猟免許には20歳以上という年齢による受験資格なども定められています。さらには、精神障害や意識障害などの病気、覚せい剤中毒者など適格な狩猟が行えないような人も受験できません。
また、外国人が狩猟免許を取得したいという場合にも試験を受ける必要があります。ちなみにいきなり試験を受けて合格する自信がないという方は、事前に開催されている講習会に参加されるとよろしいかと思います。そして狩猟免許を取得した後の話ですが、銃の所持許可証の申請登録や狩猟者登録なども完了した上でないと、実際に狩猟をすることはできないようになっています。

ハンターと害獣駆除業者の違い

ハンターとは

ハンターとは、害獣を捕まえるのが目的の仕事です。そのため各都道府県では、捕まえた害獣1匹当たりに付きいくらかの報奨金が提供されるようになっています。それから、仕事とはいっても害獣を捕獲する数量があまりにも少ないので、ハンターの仕事だけでは生活はできません。従って、副業や趣味としてハンターの仕事をしている人がほとんどです。
また、害獣を捕まえる狩猟の際に使用できる猟具には、網やワナそれに装薬銃や空気銃などが挙げられます。しかも、鳥獣保護管理法の関係から狩猟ができる場所というのも都道府県によって決められています。そのため狩猟が禁止されている地域では、絶対に狩猟を行ってはいけないといったルールを守る必要があります。

害獣駆除業者とは

害獣駆除業者というのは、単に害獣を駆除するという仕事だけでなく今後二度と被害を受けないようにすることも重要な仕事です。従って、単に害獣を捕まえるだけのハンターとは根本的に違います。とりわけ近年では、勝手に住居内に侵入して居座ったり農作物を食い荒らす害獣が増えているといいます。
また、住居内や農作物を耕している畑や田んぼが害獣駆除業者の活動範囲となります。そのため、害獣を探しながら山の中を歩き回るハンターとは活動範囲も違います。しかも害虫であれば、ある程度素人でも対策ができますが、害獣ともなると大きな生き物になので素人では中々駆除することすらできないでしょうね。

まとめ

ハンターの役割が重要なだけでなく、キチンとした免許が必要であることも分かりました。とりわけ害獣による被害が年々増えている昨今だけに、やりがいのある仕事といえるのではないでしょうか。

その他に、私が害獣駆除業務を行っていた理由などもまとめてみました。ご興味があればぜひ→私が害獣駆除の仕事に就いた理由